栗田紘一郎
今回日本初公開となる"Perceiving"は、栗田が学生時代に学んだ視覚心理学からアイデアを得て、視覚と認知、マインドとメモリーなどをヴィジュアル化させたもので、8x10インチの大型カメラを使って、「認知の記録」をシークゥエンスで作り上げた作品群。プリントは20x32インチの大型プラチナプリントで、栗田の長年のテーマである自然観を作品を通して伺うことができる。
平竜二
新作『Bright Shadows』(AN DON)  
前回の「Vicissitudes」シリーズは、平の『時間、空間、存在』への思想を表現した、例えて言うならば大きな山を全体から捉えた作品でした。
今回の「Bright Shadows ( An don )」シリーズはその山に深く分け入り、平の光と影に対する考え方や想い、さらには自分のルーツの奥底にあるものを表現しています。

close